バリアフリーって何からやれば良いの?そんな疑問を解消する、バリアフリーリフォームの優先ポイントとその理由!!

宇治市にお住まいの皆さまへ。

 

あけましておめでとうございます!

本年もよろしくお願いいたします!!

 

バリアフリーリフォーム関西リフォーム研究所におまかせください!

バリアフリーの直訳は、「壁を取り除く」という事になります。

つまり、身体の不自由な方や高齢者の方が生活する中で、壁になる、支障になるものを取り除く、という意味です。

しかし、「バリアフリーリフォームについて考えたいけど、何からどう手を付ければ良いのか…」と、お悩みの声もよく聞きます。

今回は、バリアフリーリフォームを優先的に考えていただくポイントを解説します!

 

●優先してバリアフリーを考えるべき箇所

優先的にバリアフリーを進めるべき場所は3箇所!

それは「トイレ」と「階段」と「浴室」です!!

特に浴室とトイレに関しては、基本的に一人で使用する場所であるため、密室になってしまいます。

そのため、ご家族の目が届きにくいという特徴があります。

段階的なリフォームを考えている場合、このような場所を優先して、バリアフリーを導入することがオススメです!!

 

●何をすればバリアフリーになるの?

・手すりを設置

歩いたり、立ち上がる動作だけではなく、座る時などにも、身体を支えるため、手すりはとても重要です。

手すりを活用しつつ、自力で様々な動作を安全に行える事は、とても大切です。

何より、身体を動かす事で、高齢の方の健康維持につながります!

移動が多い場所、段差など高低差のある場所、使用頻度の高い場所への手すりの取り付けが効果的です。

また、手すりの取り付けの際は、使う人の手の動作や背丈に合わせた取り付けを心掛けましょう!

例えば、TOTOの場合、階段・玄関・トイレ・お風呂など、様々な場所の様々な動作を想定した手すりが用意されています!!

・滑りにくい床と段差の解消

出入り口の段差解消のために、スロープを設置する。

床をリフォームして段差自体をなくしてしまう。

こういった、リフォームを行う事で、転倒したり、つまづくリスクを回避!

また、トイレをはじめ、水を使うスペースの場合、「掃除しやすい」「濡れても滑りにくい」床材であることも重要です!

・温度差を解消

急激な温度差によって起こる、ヒートショック現象は、大変危険です。

トイレや浴室などは、リビングとの温度差が特に大きいため、ヒートショック現象が起きやすい場所です。

内窓を設置するなどの断熱対策暖房器具の設置を行い、温度差をなくす対策がオススメです!

 

 

バリアフリーリフォームの事で分からない事があれば、関西リフォーム研究所までお気軽にご相談ください!!

弊社関西リフォーム研究所へご相談いただければ、スタッフ一同、お客様の様々な疑問にお答えし、より良い提案をさせて頂きます。


関西リフォーム研究所は、宇治市・城陽市で創業12年の外壁塗装・リフォーム専門店です。

キッチンリフォームやトイレリフォーム、洗面所のリフォーム、お風呂リフォームといった水廻りリフォームを中心に、クロス貼り替え、フローリング貼り替えなどLDKなどの内装リフォーム。

そのほか雨漏り対応、屋根・外壁塗装、屋根工事、瓦工事、樋交換や玄関リフォーム等、外廻りリフォーム、左官工事等、住宅のリフォームならなんでもお受けしています。

あなたの街のリフォーム屋さん。気になる箇所がる方は、ぜひご相談ください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関西リフォーム研究所
〒611−0042京都府宇治市小倉町老ノ木43-24
TEL: 0120-535-225

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL