防犯対策で最も注意するべき場所は『窓』!シャッター取付で多くの侵入被害が防げる、防犯豆知識をご紹介!!

宇治市にお住まいの皆さまへ。

シャッター取付関西リフォーム研究所におまかせください!

防犯のために真っ先に対策するべき場所をご存誌ですか?

実は「窓」が、防犯対策として最も必要な部分です。

今回は、防犯対策におけるシャッターの役割をご紹介します!

YKKAPかんたんマドリモ シャッターなら1窓最短2時間でシャッターの取付が可能です!

●空き巣の侵入口1位は「窓」

グラフ)平成27年中の侵入窃盗(空き巣)の傾向

一般に防犯対策というと玄関を考えがちです。

しかし、データによると、住宅への侵入経路のほとんどは窓から。

玄関などと違い、窓はお家に複数あります。

立地によっては周囲から見えにくい窓もあるため、空き巣の侵入口として狙われやすい場所です。

「こじ破り」といってドライバーなどで音を出さないようにガラスを破壊する手口が最も多く見られます。

ガラスを破壊されると空き巣の侵入を許してしまうという事は、窓ガラスを破られない対策が必要なのです。

●シャッターがあれば「空き巣に嫌われる家」に

グラフ)戸建住宅侵入被害10年間調査

シャッターによる侵入抑制効果は、被害データを見れば一目瞭然。

窓を物理的にガードしていることはもちろん、空き巣にとっては室内の様子がわからないため、そもそも狙う気が起こらないという視覚的な効果も大きいと考えられます。

●2階の窓も空き巣対策が必要です

イメージ)侵入被害の1割近くが2階以上から

防犯対策として1階だけにシャッターをつけるケースがありますが、2階へあがる足場は無数にあります。

何とか家に侵入しようとする空き巣や不審者は、一般の人からは想像できない侵入をしてくる場合もあります。

実は、戸建て住宅への空き巣の侵入の8.9%は2階からの侵入なのです!

2階の窓にもシャッターをつける事は、防犯対策としてとても大切だと言えます!!

シャッター取付の事で分からない事があれば、関西リフォーム研究所までお気軽にご相談ください!!

弊社関西リフォーム研究所へご相談いただければ、スタッフ一同、お客様の様々な疑問にお答えし、より良い提案をさせて頂きます。


関西リフォーム研究所は、宇治市・城陽市で創業12年の外壁塗装・リフォーム専門店です。

キッチンリフォームやトイレリフォーム、洗面所のリフォーム、お風呂リフォームといった水廻りリフォームを中心に、クロス貼り替え、フローリング貼り替えなどLDKなどの内装リフォーム。

そのほか雨漏り対応、屋根・外壁塗装、屋根工事、瓦工事、樋交換や玄関リフォーム等、外廻りリフォーム、左官工事等、住宅のリフォームならなんでもお受けしています。

あなたの街のリフォーム屋さん。気になる箇所がる方は、ぜひご相談ください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関西リフォーム研究所
〒611−0042京都府宇治市小倉町老ノ木43-24
TEL: 0120-535-225

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL