万が一に備える防災リフォーム!さまざまな災害別に、対策ポイントを解説します!!

宇治市にお住まいの皆さまへ。

防災リフォーム関西リフォーム研究所におまかせください!

地震のイラスト「揺れる街」 | かわいいフリー素材集 いらすとや

もともと日本は地震大国とも呼ばれるほどに地震が多く、防災リフォーム=耐震リフォームという傾向がありました。

しかし、地震の揺れに耐えるだけではなく災害でライフラインが止まった時のための防災対策も必要になっています。

また、近年では異常気象により、台風や豪雨の被害も非常に多くなっている事から暴風雨などに対する対策も重要です

今回はどういった災害やトラブルに、どういった防災リフォームがオススメなのかを解説します。

 

●地震対策

冒頭でもお話しした、地震対策が耐震リフォームです。

建物の耐震基準については、1981年と2000年に耐震基準が改正されています。

特に2000年の改正については阪神淡路大震災を受けた基準変更で、2000年基準とも呼ばれます。

つまり、2000年以前と以降に建てられた家では耐震対策が大きく異なります。

2000年以前に建てられた建物は、耐震について一度しっかり考える機会を設けたり、診断をオススメします。

 

●断水対策

水は生活する上で必要不可欠です。

地震や大雨などでライフラインが切断された場合、ご自宅に水を貯めておける設備があれば、水道の復旧まで備蓄した水で生活できます。

エコキュートの貯水タンクの水は緊急時にタンクから水を直接取り出せるので、非常水として使用可能です。

また、雨水タンクを設置すればランニングコストを掛けることなく、生活用水を確保できます。

どちらの場合も飲料水には使えませんが、トイレの流す水や洗濯の際などに使用できます。

飲料水の確保は、水道管内タンクを設置する事で対策可能です。

ただし、敷地や、床下のスペースによって設置の条件があります。

 

●暴風雨対策

近年よく耳にする、台風・暴風雨・竜巻などに対する防災リフォームです。

主な対策としては

屋根が強風によりめくれる事を防ぐため、軒の補強を行う。

シャッターの設置により、飛来物からガラスを守る。

万が一、ガラスが割れてしまっても、鋭利なガラス片にならない防災ガラス、耐震ガラスを使用する。

という防災対策があります。

例えば、YKKAPシャッターや窓については、一日で終わるリフォームもありますので、検討しやすい防災リフォームです。

また、豪雨対策に雨樋の定期点検も有効です。

雨樋は、雨でご自宅が傷めないために付いているので、点検や傷んでいる箇所の交換、補修も大切なポイントです。

 

●停電対策

北海道で起きた地震により、大規模な停電が起きた事は記憶に新しいと思います。

台風や地震など、災害の時による長時間の停電は生活に大きな影響を与えます。

太陽光発電や家庭用蓄電池を設置する事で、電気を確保する事が可能です。

 

●火災対策

火災の際に、防ぐべきポイントのひとつが延焼です。

消防庁が発表している令和元年の建物火災件数は21,003件。

火災は年間2万件以上起きている、身近な災害です。

屋根、外壁、窓、扉を防火仕様にする事で、延焼対策を行う事ができます。

 

●ガスの供給遮断対策

地震などで地中のガス管が漏れている恐れがある際は、長いと数週間の安全点検のための「ガス止め」が行われます。

エコキュート、オール電化へのリフォームを行う事で、ガス止めのリスクを回避できます。

 

 

防災リフォームの事で分からない事があれば、関西リフォーム研究所までお気軽にご相談ください!!

弊社関西リフォーム研究所へご相談いただければ、スタッフ一同、お客様の様々な疑問にお答えし、より良い提案をさせて頂きます。


関西リフォーム研究所は、宇治市・城陽市で創業12年の外壁塗装・リフォーム専門店です。

キッチンリフォームやトイレリフォーム、洗面所のリフォーム、お風呂リフォームといった水廻りリフォームを中心に、クロス貼り替え、フローリング貼り替えなどLDKなどの内装リフォーム。

そのほか雨漏り対応、屋根・外壁塗装、屋根工事、瓦工事、樋交換や玄関リフォーム等、外廻りリフォーム、左官工事等、住宅のリフォームならなんでもお受けしています。

あなたの街のリフォーム屋さん。気になる箇所がる方は、ぜひご相談ください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関西リフォーム研究所
〒611−0042京都府宇治市小倉町老ノ木43-24
TEL: 0120-535-225

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL