給湯器選びについての豆知識シリーズ!号数の見方・選び方について分かりやすく解説します!!

宇治市にお住まいの皆さまへ。

給湯器の交換・リフォーム関西リフォーム研究所におまかせください!

給湯器を選ぶ際に、「給湯器をどう選べば良いか分からない!」とお悩みの方も多いはず。

今回は、給湯器の「号数」についてリンナイの給湯器を例に解説します。

お客様の使用状況に合った給湯器を選びのために、ぜひ参考にしてください!

 

●給湯器の能力「号数」の見方

給湯器の能力は「号数」を見る事で分かります。

「号数」とは、水温+25℃のお湯が、1分間に出る量(L)を表しています。

例えば1分間に16Lのお湯が出す事ができる給湯器の事を16号と呼びます。

つまり、号数が大きい給湯器という事は、一度に大量のお湯を使用できる給湯器なのです。

冬場は水温が低くなるため、余裕を持った給湯器選びが必要になります。

家族の人数、お湯の使い方などから最適な号数を選びましょう。

 

●号数の目安

たくさんのお湯を出せる能力は、複数個所で同時にお湯を出した時の勢いと考えていただければ分かりやすいと思います。

お風呂でシャワーを使用している時に、家族が台所などでお湯を使うと、シャワーのお湯の出が悪くなってしまった経験がある方は、使用量に対して給湯器の号数が不足している状態です。

たとえば、上の図を参考にすると、16号ではシャワーと同時にお湯で食器洗いをすると、お湯が足りなくなってしまいます

 

●お湯を使う人数に合わせた号数の目安

例えば、4人家族の場合、複数の箇所でお湯の使用や、お風呂の追い炊きなどを考えると、24号がオススメになります。

2人家族の場合は、お湯の複数個所での同時使用はありますが、たくさんのお湯を使うことは少ないので20号がオススメです。

単身世帯の場合であれば、複数個所でお湯を使用する事がないので、16号がオススメです。

上記のオススメ号数は、ご家庭の環境や使用状況にもより変わりますので、あくまで目安とお考え下さい。

 

給湯器の交換・リフォームの事で分からない事があれば、関西リフォーム研究所までお気軽にご相談ください!!

弊社関西リフォーム研究所へご相談いただければ、スタッフ一同、お客様の様々な疑問にお答えし、より良い提案をさせて頂きます。


関西リフォーム研究所は、宇治市・城陽市で創業12年の外壁塗装・リフォーム専門店です。

キッチンリフォームやトイレリフォーム、洗面所のリフォーム、お風呂リフォームといった水廻りリフォームを中心に、クロス貼り替え、フローリング貼り替えなどLDKなどの内装リフォーム。

そのほか雨漏り対応、屋根・外壁塗装、屋根工事、瓦工事、樋交換や玄関リフォーム等、外廻りリフォーム、左官工事等、住宅のリフォームならなんでもお受けしています。

あなたの街のリフォーム屋さん。気になる箇所がる方は、ぜひご相談ください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関西リフォーム研究所
〒611−0042京都府宇治市小倉町老ノ木43-24
TEL: 0120-535-225

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL