トイレの洗浄剤は、トラブルになる可能性があります。ぜひご確認ください。

宇治市にお住まいの皆さまへ。

ご家庭のトイレのトラブルやリフォーム関西リフォーム研究所におまかせください!

洗浄剤の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

今回は、あまり知られていないトイレの故障につながる場合のある、トイレ洗浄剤の情報をご紹介します。

トラブルになってしまう前に、ご覧ください!!

●トイレタンクに置く、入れる洗浄剤はメーカーが推奨していない!

トイレタンク上部の手洗い場に置くタイプとタンクの中に入れるタイプの2種類の洗浄剤は、メーカーが非推奨となっています。
意外と知らない方が多いのです。

この洗浄剤は、トイレタンクの中に洗剤を溶かすことで、便器を流すのに合わせて洗剤入りの水で洗って便器をキレイにしよう、という機能です。

しかし、どうしてもタンクの中では溶け切らなかった洗剤カスが残ってしまい、ヌメリやカビの原因になってしまうこともあります。

そのヌメリやカビなどがタンクの中の機構に悪影響を起こし、トイレが故障してしまう場合も少なくありません。

タンク内の水に洗剤を溶かすタイプの洗浄剤をトイレメーカーは推奨していない場合がほとんどです。

実はこれはあまり知られておらず、キレイにするために使っているつもりが、故障を引き起こしてしまったケースも実際に多数あります。

●実はトイレの洗浄水に洗剤はいらない!!

「故障になるならやめたいけど、ただの水だと衛生面が良くない気がする」という方もいらっしゃると思いますが

TOTOであればセフィオンテクト
LIXILであればアクアセラミック
Panasonicであればスゴピカ素材

などの各メーカーが、表面ツルツルで汚れが付きにくい便器の素材を開発しています。

これにより、洗浄水はただの水でも十分キレイになります!

本来は、表面にザラつきのある素材の便器などに必要な洗剤なので、現在ご家庭で使用している便器がよほど古いものでない限り、洗剤入りの水で便器を流す必要はないということです!

余計なトラブルになる前に、今お話しした洗浄剤を使用している方はご自宅のトイレをご確認ください!

もし分からない事があれば、関西リフォーム研究所までお気軽にご相談ください!!

弊社関西リフォーム研究所へご相談いただければ、スタッフ一同、お客様の様々な疑問にお答えし、より良い提案をさせて頂きます。


関西リフォーム研究所は、宇治市・城陽市で創業12年の外壁塗装・リフォーム専門店です。

キッチンリフォームやトイレリフォーム、洗面所のリフォーム、お風呂リフォームといった水廻りリフォームを中心に、クロス貼り替え、フローリング貼り替えなどLDKなどの内装リフォーム。

そのほか雨漏り対応、屋根・外壁塗装、屋根工事、瓦工事、樋交換や玄関リフォーム等、外廻りリフォーム、左官工事等、住宅のリフォームならなんでもお受けしています。

あなたの街のリフォーム屋さん。気になる箇所がる方は、ぜひご相談ください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

関西リフォーム研究所
〒611−0021京都府宇治市宇治池森16−13
TEL: 0120-535-225

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL